陰部の黒ずみを美白するケア方法

 

陰部の黒ずみケアの方法は全部で5種類あります。

 

  1. 陰部の黒ずみを美白するクリーム
  2. 美白化粧水・化粧品
  3. 美容皮膚科でレーザー治療
  4. ピーリング
  5. ハイドロキノンとトレチノイン

 

市販されている化粧品などを使って美白ケアをする方法もあれば、病院や皮膚科で治療をする方法まで様々です。
それぞれ特徴も異なるので、どの方法が必ずしも良いなどのことはありません。

 

費用や自宅か病院かなど人によっておすすめの美白ケアの方法は異なってきます。
安全に自宅で美白ケアをするのであればクリームですし、高額な治療費でも良いのならレーザーです。

 

効き目が高くても費用が高いなどあるので、あなたの状況に合わせてどの陰部の黒ずみケアを試すか決めるようにしましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみクリームでケア!医薬部外品の美白クリーム

 

陰部の黒ずみケアとして人気があるのが医薬部外品の美白クリームを使った方法です。
美白クリームは色々と販売されていますが、その中でもデリケートゾーンに使えるように低刺激になっているものです。

 

厚生省より医薬部外品として認可がされており、美白成分・保湿成分・美容成分の3種類が含まれています。

 

副作用のリスクが少なく、病院での治療に比べ圧倒的に安いのが特徴です。
また、自宅でケアができるのと家族や友人にもバレないのもメリットとなっています。

 

陰部が黒いと男性に嫌われてしまうのでどうにかしたいと思うものの、高額な治療費を簡単に出すことは難しいです。
そのため、非常に人気がある美白方法でクリームによっては効果があったと評判の良いケア方法です。

 

陰部の黒ずみクリームランキング!おすすめの美白ケアクリーム

人気の陰部の黒ずみクリームの特徴

イビサクリーム

イビサクリーム

 

ブラジリアンワックスの脱毛サロン開発で作られたのがイビサクリームです。

 

もともと陰部向けに使うのを前提で作られているので、低刺激にこだわって作られています。陰部の黒ずみを美白するクリームについて少しでも調べた人であればご存知ではないでしょうか?

 

陰部の黒ずみと言えばイビサと感じるほど人気があります。

 

これからケアをしていく人で迷ったのであれば、迷わずイビサクリームの利用をおすすめすることができます。実際に私も使ったことのある医薬部外品です。

 

価格 7,000円
最安値 4,470円(集中ケアコース)
特徴 圧倒的人気の陰部の黒ずみクリーム

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

バストトップの黒ずみクリームとして人気があったのがホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

デリケートな部分であるバストにも使えるように低刺激で作られています。そのため、陰部の黒ずみにも使うことができ、利用者も増えています。

 

2年連続でモンドセレクションでの受賞をしており、TV番組での紹介などもされ知名度があります。

 

3種類のビタミンがそれぞれの肌の層に浸透をするように作られており、きちんと角質層全体をケアができるようになっています。そのためか効き目を実感できている人は多いです。

 

陰部の黒ずみだけでなく、バストトップの色も黒くてどうにかしたいって人であればおすすめすることができます。

 

価格 9,980円
最安値 5,980円(キャンペーン)
特徴 バストの黒ずみに人気のクリーム

 

デリケートゾーン訴求

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットクリーム

 

数々の賞で受賞をするなどで知られるのがハーバルラビットナチュラルゲルクリームです。

 

アンケートで効果がすぐに実感できる商品、5つの人気女性誌の黒ずみケア部門、楽天リサーチによるアンケート調査で4つの部門、どれも1位を獲得しています。

 

そのため、生産が追い付かない時期もあり、購入予約の受付が終了することもあります。とにかく利用者がどんどん増えているので、気になっている人は販売しているタイミングで早めの購入をする必要があります。

 

利用者が増えていて、人気が急上昇中のクリームを使いたいって人におすすめです。

 

価格 7,000円
最安値 4,750円(定期コース)
特徴 圧倒的人気の陰部の黒ずみクリーム

 

緑

 

薬局やドラッグストアの店頭でもクリームの取り扱いはある?

薬局とドラッグストアの店内

 

ここで紹介したのも含めて薬局やドラッグストアで陰部の黒ずみケア用のクリームとして販売はほとんどされていません。

 

他の化粧品であれば人件費などの販売コストを安くすることがあげられます。
しかし、陰部の黒ずみクリームに関しては他人にバレたりするのが恥ずかしい商品でもあります。

 

また、店内で販売している場所を店員に聞きづらいなどのデリケートな部分です。
そのため、ほとんど薬局やドラッグストアでの店頭ではほとんど見かけられず、通販での販売が主流となっています。

 

一昔前であれば、通販での販売となると怪しいと感じる人も多かったと思います。
実際に信用できないような製品も販売がされていたりしますからね。

 

ただ、陰部の美白クリームは厚生省より認可がされている医薬部外品が販売されているので、安心して利用をすることができるようになっています。

 

陰部の黒ずみクリームランキングへ戻る

 

美容クリニックでレーザー照射!高額な治療費が必要

レーザー治療のカウンセリングをする医者と患者

 

美容皮膚科や美容整形外科などのクリニックで行われるのがレーザーによる治療法です。

 

レーザートーニングと呼ばれる医療器具を用いて、黒ずみを除去するケアとなります。
レーザーを患部に照射することによって黒ずみの原因となっているメラニンを解消していきます。

 

陰部にも使える低刺激のレーザーとなるので、最近では様々な美容皮膚科でこのケア方法が取り入られています。
医師に相談をしながらケアができるので安心できるってメリットがあります。

 

ただ、複数回通院する手間があるので総額で10万円を越えることもあるのがデメリットとなります。
健康保険が適用されないので全額自己負担で治療費が高額になることで知られています。

 

また、治療費が高いからと言って即効性がある訳ではありません。
クリームでも薬でもレーザーでも時間をかけて美白ケアをしていく必要があります。

 

 

化粧水・化粧品を使って美白ケア!低刺激のを使うのが必須

顔用の化粧品や化粧水は刺激に注意

 

顔用などの化粧水や化粧品を使って美白をするケア方法となります。
但し、注意が必要となるのが陰部はデリケートゾーンであることです。

 

陰部は皮膚の層が薄い為、刺激に弱い部分となっています。
黒ずみの原因となるのも刺激によってメラニンが色素沈着をする為です。

 

そのため、できるだけ低刺激の化粧品や化粧水でケアをする必要があります。

 

持っているからと安易に顔用の美白クリームで黒ずみケアをするのはおすすめすることはできないです。
実際、人気の黒ずみクリームには美白化粧品に含まれていることの多い、ハイドロキノンなどの成分は含まれていません。

 

それは刺激が強い成分でもあるので、悪化をさせてしまう可能性があるからなのです。

 

ピーリングで角質ケア!黒ずみが悪化のリスクがある

ピーリングは副作用のリスクがある

 

リスクも高くおすすめできないのですが、陰部をピーリングする方法もあります。

 

陰部の黒ずみの原因となっているのは肌に付着しているメラニン色素です。
そのため、すでに色素沈着をしている古い皮膚である角質を排出させます。

 

ただ、ケミカルピーリングのリスクとして刺激が強いことです。

 

ピーリングの原理としては大きい粒子の成分をゴシゴシ皮膚に擦ることで、角質を強引に排出させます。
すでに陰部が黒い人だと乾燥をしていたり、バリア機能が低下していることが多いです。

 

そのため、逆に刺激から黒ずみを悪化させてしまい、逆に色が黒くなってしまうことが考えられます。
そもそも陰部用のピーリング剤もデリケートゾーンでもあるので見かけることもありません。

 

他の人が行っている美白する方法だからと言って安易に行うのはおすすめできないケアです。

 

ハイドロキノンとトレチノイン!副作用がある医薬品

ハイドロキノンは副作用のある黒ずみ薬
黒ずみ薬として知られるのが「ハイドロキノン」と「トレチノイン」です。

 

日本では医師の処方が必要となるので、薬局やドラッグストアでは購入できません。
病院へ行き処方をしてもらう必要があります。

 

理由としては刺激が強く副作用がある為です。

 

  • 黒ずみを悪化させる
  • 白斑が発症をする
  • 肌が荒れる

 

メラニンの発生源であるメラノサイトの細胞をハイドロキノンによって減らし、色素沈着した角質をトレチノインによって剥がしていきます。
そのため、陰部の黒ずみケアができるようになっています。

 

白斑ができれば一部分だけ肌の色が肌色ではなく、白くなり取り返しが付かなくなります。
副作用のデメリットが非常に高いのであまりおすすめすることはできない美白ケアです。

 

 

陰部の黒ずみの原因は色素沈着!刺激によるメラニンの付着

陰部の黒ずみの原因を解説する医者

 

陰部が黒い原因となるのはメラニンが皮膚に付着をしてしまうことです。
肌へ刺激を与えることで角質層のメラノサイトでメラニンが生成されるようになります。

 

色素を持っている物質の為、皮膚に付着をすることで色が黒くなってしまい、黒ずみができる原因となるのですね。

 

特に肌が乾燥をしてしまっている人は黒ずみができやすい原因となっています。
乾燥をすることで肌の働きのバリア機能が低下をすることで、刺激に弱くなってしまいます。

 

そのため、陰部や股などの周辺がカサカサしている人は黒ずみができやすいので注意が必要となります。

 

 

男性は女性の陰部が黒いのを嫌う!黒ずみと男性経験の数の関係

陰部が黒いと彼氏に嫌われる

 

女性で陰部を美白したい人が多いのは男性が黒いと遊び人のように考えている側面があります。
そのため、彼氏に嫌われてしまったり、本気で付き合って貰えない経験をしている人もいます。

 

では本当に男性経験の数と黒ずみは関係があるのでしょうか?

 

実際の所は原因でも解説をしたように、刺激なので男性経験に関係がなく、処女の人でも色が黒かったします。
もちろん、乾燥をしていて黒ずみができやすい状態で、男性経験の際に刺激を与えれば黒くなりやすくはあります。

 

しかし、全く黒ずみと経験人数は関係がないのですね。
だからと言って安心をできるようなことはありません。

 

なぜなら多くの男性がこの2つが関係をしていると考えているので、嫌われてしまう可能性が高いからです。

 

 

黒ずみケアは自宅で美白するか美容皮膚科で治療

陰部の黒ずみは自宅か病院で美白ケア

 

陰部の黒ずみケアとしては多きく分けるとまずは2種類に分類がされます。

 

自宅で薬やクリームを使って美白をしていくのか、美容外科でレーザー治療をするのかです。
高額な治療費が払えないのであれば、自宅でのケアの一択となってきます。

 

どの方法にしろ共通をしているのが黒ずみを解消するまでには時間がかかることです。

 

肌のターンオーバーは1か月から3ヶ月をかけて行われています。
そのため、最低でも3か月程度はケアをし続けなければほとんど効果を実感できることはないはずです。

 

陰部が黒いまま放置をしたとしても一生悩み続けることになるだけです。
少しでも気になっているのであれば、自宅か病院でケアをして解消をするようにしましょう。

 

 

おすすめの黒ずみケアは自宅での美白!医薬部外品で簡単にケア

 

最後に個人的におすすめの黒ずみケアについて解説をします。
高額な費用が掛かっても良いのであれば、レーザー治療も良いのですが、そうでなければ黒ずみクリームがおすすめです。

 

  1. 自宅で簡単にできる
  2. 家族や友人や彼氏にバレずに美白ケアができる
  3. 医薬部外品なので安心して利用できる
  4. 薬のように副作用の心配をしなくていい
  5. レーザーのように高額な治療費がかからない

 

自宅で美白ケアをすることができるので、手間がかからないですし、効き目を実感できている人は多いです。

 

ただ、注意として医薬部外品なのかそうではないのかには気おつけるようにしましょう。

 

陰部の黒ずみクリームランキングへ戻る